スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

FX情報商材を購入する場合も・・・

情報商材として販売されている場合、相手が企業であれば、密なコミュニケーションは取れないかも知れません。しかし、販売者が個人である場合は、密なコミュニケーションをとり、友達になったり、ビジネスパートナーになる可能性は高くなります。これを狙って、情報商材を購入する。これは、非常に有効です。本屋で売っている本の作者と仲良くなれるか?というと、難しいです。プライドなのか?実際に忙しいからなのか?わかりませんが、読者と作者の間にある溝が、深いです。ですが、個人が販売している情報商材の場合は、別です。両者の間にある溝は、決して深くありません。それは、FX情報商材についても、同様のことがいえます。

スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

2007/02/11 16:12 | FX情報商材  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。