スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

FX情報商材を購入する場合も・・・

情報商材として販売されている場合、相手が企業であれば、密なコミュニケーションは取れないかも知れません。しかし、販売者が個人である場合は、密なコミュニケーションをとり、友達になったり、ビジネスパートナーになる可能性は高くなります。これを狙って、情報商材を購入する。これは、非常に有効です。本屋で売っている本の作者と仲良くなれるか?というと、難しいです。プライドなのか?実際に忙しいからなのか?わかりませんが、読者と作者の間にある溝が、深いです。ですが、個人が販売している情報商材の場合は、別です。両者の間にある溝は、決して深くありません。それは、FX情報商材についても、同様のことがいえます。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

2007/02/11 16:12 | FX情報商材  TOP

情報商材は高い

情報商材については、ただ、非常に高いです。内容がそれにともなえばいいですが、ともなわないものも多いです。そうすると、もったいないということになります。情報商材、高い情報商材を買っても、しょうもない内容のものという確率が高いです。ですので、情報を販売するというより、サポートを販売するものの方が安全かも知れません。作者がプロのライターではないですので、文章の体裁が整ってないかも知れません、内容がよいとしても、作者自体はいい人だとしても、それが伝えきれていない場合があります。ですので、サポートを受ける中で、人間関係を作ることも必要です。情報を買うというより、よい人間関係を作るという意味で購入するのも、いいかも知れません。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

2007/02/10 11:27 | FX情報商材  TOP

情報商材について

情報商材は、インターネット時代に向いた販売方法だと思います。まず、作成者側からすると、コストが、従来の方法とくらべると、相当ひくくなります。情報、文章というのは、べつに、紙に印刷しなくても、伝わるからですね。また、購入者にとっても、有利な点があります。それは、デジタルデータですので、すぐに受け取ることができますし、持ち運ぶのもカンタン。また、コピー&ペーストすることもできます。(著作権は守りましょう)

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2007/02/08 13:02 | FX情報商材  TOP

FXについて

FXは国の間で、通貨のやりとりをする行為になります。ですから、国の数といいますか、通貨の種類の数だけやりとりの方法があります。通貨の種類の数というのは、国を越えて、通貨統一がされているところが、けっこうあるので、実際には、8、9くらいの通貨間でのやりとりになるでしょう。ものすごいマニアックな国とのやりとりができれば、それはそれで面白いと思いますけど。

テーマ : FXは始める時が大切です。 - ジャンル : 株式・投資・マネー

2007/02/07 12:33 | FX情報商材  TOP

FX情報商材とは?

FXの情報商材の内容としては、やり方、考え方だけを売りにするものが、多かったです。ですが、それだけだと、1万、2万、はたまた5万も取れない、(納得されないので)、売買をするタイミングを教えるメールを配信したり、場所によっては、システムを売るところも、でてきています。情報販売の世界、FX情報販売の世界も、だんだん洗練されてきているんですね。これは、FXという分野で非常にいいことだと思います。もっともっと洗練して欲しいと願っています。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

2007/02/06 08:29 | FX情報商材  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。